untrace.inc

https://untrace.co.jp/wp-content/uploads/2022/07/editing-production-about_thumb.png
編集プロダクション(編プロ)

編集プロダクション(編プロ)に依頼したい!東京での外注先選びを徹底解説

企業が広報誌・社内誌・オウンドメディアを作ることになった場合、心強い味方になってくれるのが編集プロダクションです。企画・取材・執筆などをまとめて外注できるため、人的リソースが少ない企業の広報部門であっても、「現地取材」や「高品質な記事作成」が可能になります。

一方で「編集プロダクションに外注するとコストがかかる」「高品質の記事を納品してくれる外注先が見つからない」とお悩みの代理店の方や広報担当者も多いことでしょう。

そこでこの記事では「編集プロダクションがどんな会社か」「外注先の見つけ方や選ぶ際のポイント」を解説します。最後まで読んでいただければ、自社に最適な編集プロダクションの選び方がわかるはずです。

編集プロダクションの基礎知識

まずは編集プロダクションについての基礎知識を紹介します。

編集プロダクションとは?

編集プロダクションは、出版に関わる業務のうち「編集」に特化している会社です。出版社のように版権はもたず、「印刷」「販売」「営業」などは行いません。

具体的にはクライアント(出版社、企業の広報部など)から書籍・広報誌・フリーペーパーなどの「企画」「取材」「記事作成」を請け負うのが、編集プロダクションの仕事です。取材や記事作成に関しては、編集プロダクションから提携するフリーライターに外注されるケースもあります。

なお広告代理店から広告制作を請け負う編集プロダクションは、一般的に「制作会社」と呼ばれます。

編集プロダクションに依頼するメリット

編集プロダクションに編集を依頼する主なメリットは、以下のとおりです。

  • 記事の品質が高まる
  • 企画も任せられる
  • 進捗管理が不要
  • 校正・校閲が不要
  • ライターの採用・教育コストが不要

まとめると「時間・労力・コストを減らしながら、高品質の記事を用意できる」のが編集プロダクションに依頼するメリットです。

編集プロダクションでは編集・記事作成のプロ(編集者、ライター、カメラマン、イラストレーターなど)がチームになっているので、当然ながら質は期待できます。外注費用はかかりますが、自社で人材を採用するコストに比べれば安くなるのではないでしょうか。

進捗管理したり、作成した記事を校正・校閲する手間もかからなくなります。

「質の高い記事をつくりたい」「自社でクリエイターを抱える余裕がない」「広報物制作にかける労力を減らしたい」という場合は、編集プロダクションの利用がおすすめです。

編集プロダクション(編プロ)

Web系編集プロダクションの特徴

一般的な編集プロダクションは紙媒体を手掛けていますが、現在ではオウンドメディアなどのインターネット記事に特化した「Web系編集プロダクション」もあります。

Webメディアでは紙媒体でも必要な「正確性」などに加え、以下のようなスキル・ノウハウが求められるのが特徴です。

  • スピード
  • Webマーケティングの知識・スキル
  • 大量の記事作成のためのマネジメントスキル

またWeb系編集プロダクションでは紙媒体専門の編集プロダクションよりも抱えているライターが多く、ライターの居住地に地域的な偏りが少ないのも特徴といえます。

編集プロダクション選びのポイント

編集プロダクション選びのポイントを紹介します。

依頼したい記事ジャンルの実績があるか

まずは依頼したい記事ジャンルの実績があるかチェックしましょう。

例えば紙媒体の編集を多く手掛けている編集プロダクションなら、「旅行・グルメ系」「美容系」など、各ジャンルに特化型した有能なライターとのコネクションが多く、安心して依頼できるでしょう。

また広報誌に著名人のコラムを掲載したい場合、編集プロダクションのネットワーク力も重要です。「大手出版社で活躍したのちに独立した編集者」が所属する編集プロダクションなら、ネットワークも広いでしょう。

なお「堅め」「賑やか」など、得意な誌面デザインも会社により違います。苦手なデザインを依頼してもよいものにならない可能性が高いので、「叶えたい誌面イメージに近い制作物の実績がある会社」を選んでください。

公式サイト等で取引先企業や制作実績がわかり、得意ジャンルがはっきりしている会社なら安心して依頼できます。

コミュニケーション力・マネジメント力

編集プロダクションの「コミュニケーション力」「マネジメント力」もチェックしておきましょう。

まず編集プロダクションの担当者に、「クライアントの意図をきちんと汲み取る能力があるか」が重要です。意図がズレて伝わると、イメージと違う制作物が納品される可能性があるからですね。

また編集プロダクションは各クリエイターをマネジメントします。納期に間に合うよう進捗管理するのはもちろん、クライアントのニーズ・目的に沿った制作物ができるよう、各クリエイターを統率するマネジメント力が必要です。

そのため問い合わせや見積もりの段階で、担当者の対応をチェックしておきましょう。「企画シート」など、編集作業を円滑にすすめるためのツールを用意している編集プロダクションもあります。

コミュニケーション力・マネジメント力

Webマーケティングの知見があるか

「広報誌の内容をWebサイトにも掲載する」などの場合、編集プロダクションにWebマーケティングの知識があるかも重要です。

Webマーケティングの知見が少ない編集プロダクションから納品された記事だと、記事としての品質は高くても、Web検索で上位表示されない可能性があるからですね。

代表的なWebマーケティングの知識・スキルとしては以下のようなものがあります。

  • SEOの知識
  • Web広告の知識
  • データ分析スキル
  • 短期間でPDCAサイクルを回すスキル

「PV数」「検索順位」など過去の実績を開示してくれる編集プロダクションなら安心です。

フリーランスのライターや編集者ってどう?

フリーのライターや編集者への依頼を考えている広報担当者もいるかもしれません。フリーランスは編集プロダクションより外注費が安いからです。

ただフリーランスを起用する場合、以下のような手間がかかります。

  • フリーランスの力量・適性を見極める
  • ライターと編集者の相性を考慮する
  • 進捗管理する
  • 一人ひとりと秘密保持契約等を結ぶ

つまりフリーランスと契約する場合は、自社でチームマネジメントする必要があります。

「継続的に依頼していた編集者・ライターがフリーとして独立した」など、よほど気心の知れた間柄でなければ、リスク管理の面からも編集プロダクションに外注することをおすすめします。

酷い目にあった!編プロ選びの失敗事例

編集プロダクション選びのポイントを紹介しましたが、中には「とにかく予算重視で、安いところを選ぶ」という方もいるかもしれません。

確かに予算は重要ですが、安すぎると以下のような失敗につながることも。この章では編プロ選びの失敗事例を紹介します。

編プロ選びの失敗事例

ケース1:誤植だらけのいいかげんな編プロ

まずは「誤植だらけの原稿を納品するいいかげんな編集プロダクション」にあたってしまう例です。「人数が少なく多忙」「待遇が悪く人が定着しない」などの理由で、社内の教育体制・チェック体制がおろそかになっているのかもしれません。

執筆するライターが正確な記事作成を心がけるのは当然です。ただミスは起こりうるものですので、編集者・校閲担当者がきちんとチェックする体制を整えている会社を選びましょう。

またいいかげんな編集プロダクションですと、クライアントが指定したフォーマットや文体の指定を無視することもあります。外注することで、かえって手間がかかるのは本末転倒ですね。

ケース2:取材先に無礼な言動!非常識ライター

「取材先に無礼な言動をとるライター」にあたってしまうケースもあります。例えば「会話が苦手で、取材・インタビューがスムーズに進まない」「取材先との連絡を怠る」「取材の待ち合わせ時間に遅れる」などです。

取材テーマの勉強が不十分なライターも、取材対象者を「こっちはわざわざ時間を割いているのに、知識ゼロで取材しに来るのは失礼だ」と不快にさせてしまうでしょう。

この場合「編集プロダクション自体に取材記事の実績があまりない」「編集者がライターの能力や適性をきちんと把握していない」といった可能性が考えられます。

「取材記事の実績が豊富なライター」「取材テーマについての知識があるライター」を手配できる編集プロダクションなら安心です。

ケース3:編集経験皆無のライター集団

「編集プロダクション」と名乗っているものの、実際は「編集経験がないライターばかりの集団」にあたってしまうケースもあります。

実は編集プロダクションで働いた経験があるといっても、「記事作成しか経験したことがない」といった人も多いのです。ライターと編集者の仕事はまったく違いますので、きちんと企画・ディレクションができる人がいないと、納品物のクオリティは低くなります。

例えば「各ライターが書いた記事を寄せ集めただけ」なのか「編集者が校正・トンマナ(コンセプトや文体の一貫性)チェックなど品質管理している」のかで、最終的な仕上がりは大きく変わるはずです。

強いジャンル別~東京の編集プロダクションを紹介~

外注先選びにあたっては「制作したいジャンルの実績があるか」が重要なポイントです。そこでこの章では、ジャンル別の「おすすめ編集プロダクション」を紹介します。ぜひ外注先探しの参考にしてください。

【医療分野に強い】株式会社フォーライフメディカ

株式会社フォーライフメディカ
出典:http://www.flmed.co.jp/index.html

フォーライフメディカは医学・医療関連の書籍の編集実績が豊富な編集プロダクションです。

専門書のほか、一般読者・患者向けの書籍も手掛けているので、読者の知識レベルに合わせた記事・コンテンツ制作が期待できます。「セミナーの記録集」「医師のインタビュー記事」にも対応可能です。

【ビジネスに強い】有限会社ケイズプロダクション

有限会社ケイズプロダクション
出典:https://www.ks-pro.co.jp/

ケイズプロダクションはビジネス(とくに投資・副業)ジャンルに強い編集プロダクションです。宝島社や角川書店などの有名出版社を取引先にもちます。

企画から編集まで一貫制作できますが、「取材と執筆のみ」などの個別対応も可能です。スタッフ数が多く、ボリュームの多い案件や急ぎの案件にも対応できる強みもあります。

【心理学に強い】株式会社サイコノミスト

株式会社サイコノミスト
出典:https://www.psychonomist.co.jp/

サイコノミストは心理学分野に強い編集プロダクションです。前身はFP事務所なので、資産運用などマネージャンルに強いのも特徴です。

企画から編集まで対応できるほか、「ライティングだけ」といった対応も可能です。紙媒体の実績も豊富なので、長文記事にも対応できます。

【歴史に強い】株式会社榎本事務所

株式会社榎本事務所
出典:https://enomoto-office.com/

榎本事務所は歴史ジャンルに強い編集プロダクションです。歴史関連書籍の編集はもちろん、「歴史コンテンツの史実チェック」「歴史ゲームの監修協力」の実績もあるので、安心して依頼できます。

また「作家を目指す人向けのノウハウ本」「教育機関のカリキュラム監修」なども手掛けており、「わかりやすく伝える」ことに長けた編集プロダクションでもあります。

【金融に強い】株式会社回遊舎

株式会社回遊舎
出典:http://www.kaiyusha.net/

回遊舎は金融分野に特化した編集プロダクションです。金融関連の「書籍・雑誌の企画・編集」から「セミナー開催・企業向け研修」まで手掛けており、まさに金融ジャンルのプロといえます。

人気FPとのコネクションもあるため「著名FPの取材記事がほしい」といった依頼もしやすいでしょう。Webコンテンツの作成にも対応できます。

【旅に強い】有限会社スタジオ・ページワン・コーポレーション

有限会社スタジオ・ページワン・コーポレーション
出典:https://www.studio-pageone.com/

スタジオ・ページワンは旅に強い編集プロダクションです。代表者が「日本旅行作家協会理事」「旅行記者クラブ会員」であり、有名旅行代理店であるJTBを取引先にもちます。

旅といえば「グルメ」もセットになることが多いため、グルメ分野の実績も豊富です。雑誌・書籍のほかパンフレット制作にも対応しています。

【料理に強い】株式会社SORA企画

株式会社SORA企画
出典:https://sorakikaku.com/

SORA企画は料理に強い編集プロダクションです。人気料理家や人気レシピサイトの本を手掛けた実績があります。

公式サイトや制作実績を見ますと、可愛らしい雰囲気の制作が得意なことがわかります。紙媒体のほかWebコンテンツの企画・制作も可能です。

【学問・ファイナンスに強い】有限会社バウンド

有限会社バウンド
出典:https://www.bound-jp.com/

バウンドはファイナンス系に強い編集プロダクションです。ダイヤモンド社、東洋経済新報社など、ビジネスジャンルで有名な出版社を取引先にもちます。

社員自らFXや仮想通貨に関する本を出版していることから、知識の深さがわかります。紙媒体だけではなくWebコンテンツにも対応可能です。

【エンタメに強い】株式会社ブロックバスター

株式会社ブロックバスター
出典:https://webbb.net/

プロックバスターは「タレント」「アーティスト」など、エンタメ系に強い編集プロダクションです。有名なアイドルやお笑いタレントのコンテンツ制作に携わった実績があります。

編集者を中心にクリエイターがチームを組み、企画から制作までトータルでサポート可能。紙媒体・Webコンテンツ制作のほか、「グッズ制作」「イベントのコーディネート」ができるのも特徴です。

【デジタルコンテンツに強い】株式会社エクスライト

株式会社エクスライト
出典:https://exwrite.net/

エクスライトはWebコンテンツに強い編集プロダクションです。具体的には「オウンドメディアの立ち上げ」「SNSコンテンツの制作」の実績が豊富で、ソフトバンクやソニービジネスソリューションズのオウンドメディアに携わっています。

コンテンツに適したクリエイターを起用することにこだわり、企画・記事のクオリティ向上をはかっています。Webコンテンツの企画・制作外注を考えているなら検討したい編集プロダクションです。

まとめ

広報誌やオウンドメディアのコンテンツ制作において、編集プロダクションは心強いパートナーになってくれます。しかし選び方を間違うと、「クオリティが低い」「余計に手間がかかる」「取材先に迷惑をかける」などの失敗につながってしまうことも。

そのため外注先選びにあたっては「実績」「担当者の対応力」などを事前にチェックしましょう。依頼したいジャンルの実績が豊富で担当者のヒアリング能力・理解力が高い編集プロダクションであれば、安心して外注できます。またWebコンテンツ制作を依頼するなら、Webマーケティングの知識も必須です。

「なんとなく」「予算だけ」で選ぶことなく、制作したいコンテンツに合った編集プロダクションを選びましょう。この記事が編集プロダクション選びの参考になれば幸いです。